初めての婚活!何に注意したらいい?

30代で初めての婚活!痛い婚活者にならないために

周りがドンドン結婚していってしまい、次第に焦りとともに「どうにかしなくちゃ!」と始める婚活。
しかしポイントを外すとただの「痛い人」になってしまいます。
自分を卑下して婚活をすることほど切ないことはありません。
あなたの人生のパートナーを見付ける活動です。
どうか活き活きと婚活できるように、いくつかの注意点を覚えておきましょう。

 

婚活の場所はどこで?

20代であれば合コンや友人の紹介という方法もかなり有効でしょう。
しかし30代になってくると次第にお声がかかることが少なくなってくるものです。
20代に混じって合コンに参加しまくるのも哀しいものがありますよね。
盛り場へ出向いてお相手探しするような年齢でもありません。

 

そこで重要なのが婚活する場所です。
結婚に積極的な異性が集まる場所は、やはり婚活パーティーや結婚相談所などの婚活専門の場所でしょう。
こういったところでは30代はメインの世代です。
自分を安売りすることなく、惨めな気分になることもなく婚活することができます。

 

若い頃の栄光にしばられない!

比較的容姿も整った人ほど婚期が遅れることが多いです。
原因のひとつが「過去のモテた時期を忘れられない」ことにあるのです。
「昔は何人にも言い寄られて困るほどだった」
「週末はいつもお誘いで一杯だった」
確かにそういう時期もあったでしょう。
しかし年月が経ち、年齢が上がればそういったことが減っていくのは自然のことなのです。
過去のモテ期の思い出にしばられて、どうしても高い理想にしがみついてしまうのが婚活の一番の敵なのです。
現在の自分としっかり向き合うことが、成功する婚活の第一歩なのです。

 

自分の魅力をしっかりと知ろう

仕事や私生活など、これまでのあなたの人生が今のあなたを作っています。
そして人にはない魅力が必ずあるはずなのです。
20代ならば見た目や一時の勢いで結婚まで進むこともあるでしょう。
しかし30代ともなれば中味なくしては深い関係になど進めないのです。

 

自分の魅力は何なのか?
アピールポイントをしっかりと分かっている人は、他の人を惹きつけるものなのです。
自分の魅力がよく分からない人は、婚活相談のアドバイザーなどに頼るのもひとつの手です。
プロが客観的な視点であなたの魅力を分析してくれます。
まずは自分を好きになるところから始めましょう。
あなたが自分を本当に好きになれば、いつかそれを分かってくれる誰かが現れるでしょう。

 

20代と張り合わない

婚活の場で20代と一緒になることもあるでしょう。
同じ土俵で戦おうとしても無駄なことです。
30代には30代の良さがあるのです。
負けじと若い服装をしたり、若いメイクをすることが好印象にはつながらないのです。

 

離婚歴は要確認

30代で婚活をし、お相手も同世代以上であれば、当然離婚歴の有無も気にしておきましょう。
バツイチや扶養家族がいるかなどは、お付き合いが発展する前に確認しておきましょう。