そもそも結婚するメリットって何?

結婚するメリットって何?

最近ネットなどでしばし話題になるテーマであります。
結婚とは縁のない人が自虐的に言っているだけかと思いきや、近頃の20代・30代ではかなり多数を占め始めている疑問だとか。
何とも淋しい時代になったものです。
そもそも結婚をメリット・デメリットで語るのもおかしなものですが、少し結婚することのメリットを考えてみましょう。

 

結婚するメリットを考えてみた

・好きな人と一緒に生きられる
まあ、理想論かもしれませんが、大好きな人と死ぬまで一緒に生きること、これができれば結婚はそれだけでもメリットのあることかもしれません。
現実には人の感情ですから変化することはありますよね。

 

・子どもを育てることができる
わりとここの重点を置いて婚活している人も多いかもしれません。
やはり子どもの存在は夫婦にとって別格の存在でしょう。
子ども、孫・・・と家族を作れるという幸せは他の何ものとも比べられないかもしれません。

 

・老後を支えあって生きることができる
老後の問題は年齢があがるにつれて身に沁みてくるものです。
いつか歳を取って動けなくなったら・・・そんな時のパートナーの存在は大きなものです。

 

・お互い働いている場合収入に余裕ができる
一人で暮らすよりも二人で暮らした方がお金は使わずに済みます。
収入も二人分を合わせれば、充分余裕のある暮らしができるようになります。

 

・社会的プレッシャーから開放される
いまだに「結婚したら一人前」という考え方は根強く残っています。
企業などによっては既婚者でないと昇進できないような暗黙のルールがあるところも多くあります。
既婚者には「家庭を守る」という責任が加わりますので、簡単に仕事を辞められないということも影響しているようですね。

 

・法的メリット
権利や財産、税金の問題など、結婚していることによって受けられるメリットは、法律上ではハッキリと存在します。
ただし、収入が少ない方にとってのメリットではあるかもしれません。

 

結婚するデメリットの方が多い?

結婚というものは二人の関係の問題ですので、カップルの数だけ違った関係があるはずです。
上述したメリット以外にも人それぞれのメリットはあるでしょう。

 

しかし一方でデメリットも多いと考えられるのも確かです。
特に一般的には男性にとってはデメリットが多いといわれています。
独身だったら何でも自由にできたのに、結婚したら家庭を守るために自分を犠牲にしなければならない、そう考える男性が多いようですね。
完全に個人の価値観の問題ですので、そういった人は一生独身を通すか、いつか考えが変わる時まで結婚しないのでしょう。

 

こうなると困るのが結婚したい女性たちです。
近年婚活の場では女性が余ることが多いといわれています。
結婚に消極的な男性が増えてしまったということでしょう。

 

しかしなおさら結婚に積極的な男性は貴重なのです。
結婚したい、家庭を作って守っていきたいという男性が、婚活の現場には集まっているのです。
結婚するかどうかも分からない周囲の男性を待つよりも、能動的な男性と出会う方が有意義なのではないでしょうか。