離婚歴アリ・子持ちでも婚活できる?

離婚歴は婚活の障害になる?

昔に比べると離婚率は格段と上がってきています。
ちょっと周りを見回してみても、バツイチ、バツニという人がいるのではないでしょうか?

 

また、離婚歴にこだわらない人も増えてきています。
逆に一度失敗しているからこそ、結婚の難しさを理解し、歩み寄ることの大切さを分かっている人と考える人もいます。
現在では離婚歴があるからといって、新しい結婚をためらう必要もない時代なのです。

 

離婚歴をできるだけマイナスにしないために

しかし、離婚に対する考え方次第で、相手に悪い印象を与えてしまう場合があります。
以下のような説明はマイナスイメージになりますので注意しましょう。

 

・自分は悪くなかった
例え本当に相手の非によって離婚したとしても、自分に全く責任はなかったとする姿勢は敬遠されてしまいます。
さらに相手を責めるような言葉は、同性からすると印象の悪いものです。
例えば新たに出会った女性の「前の妻はだらしのない女性で・・・」などと言えば、「別れたらこんな風に言われるんだ」と無意識に感じてしまいます。

 

・相手の希望で離婚した
まるで他人事のようにも聞こえる理由です。
例え相手の一方的な押し切りで離婚したとしても、そうなるに至る何かがあったのでは?と考えてしまいます。
離婚はどちらか一方の落ち度という説明は、印象を悪くするばかりですよ。

 

・離婚の原因はもっと親しくなってから
もちろん初対面でことこまかに説明する必要はありませんが、全く語らないのは問題外とされてしまう可能性が高くなります。
婚活している人にとって相手の離婚歴は非常に気になる部分です。
できる限り誠実な説明をするように心がけましょう。

 

逆に、イメージの良い離婚の説明とはどんなものでしょうか?
まず大前提として、お互いに悪いところはあったということを認めることです。
例えば相手の浮気が原因だったとしても、「当時仕事で忙しく相手に淋しい思いをさせてしまっことも原因です」というように、一方的に相手を責めないことです。
無難なところでは、性格の不一致や、将来に対する価値観の違いといったことでも良いでしょう。
ただし「歩み寄ろうと努力した」ということは説明しましょう。
そして、前回失敗した時から成長したことをアピールするのです。
離婚によって人の痛みがより分かるようになったというと、安心できるケースが多いです。

 

子持ちで婚活する際は?

一番良くないのは子どもをいることを隠して交際することです。
子どもが何人いて、誰が育てていて、どれくらいの頻度であって、養育費はどうなっているか、この程度の情報は明かしておきましょう。
出会いが成立する数は減るかもしれませんが、後からバレて印象を悪くする方がダメージが大きいです。
離婚歴アリの婚活パーティーなども開催されています。
同じように子持ちの方も多いですので、そういった場所を選ぶのも良いでしょう。