30代の婚活、理想と現実どう折り合いをつける?

30代の結婚に対する理想

小さい頃から何となく思い描いていた「理想の結婚像」というものが誰にもあるでしょう。
愛するパートナーと一生仲良く暮らしたい。
二人の子どもを育てながら幸せな家庭を作りたい。
おじいちゃんおばあちゃんになった老後も寄り添って暮らしたい。
結婚に対する理想は人それぞれでしょうが、30代を超える辺りから結婚に対する理想も変化してきているのではないでしょうか?

 

20代までは漠然と捉えていた結婚が、30代になるとよりリアルな現実となってきます。
そうなると、今の自分の仕事、生活などを踏まえた上での理想が出てくるものです。
もちろんお金のこともあるでしょうし、こどもを作る体力的なことも出てくるでしょう。
両親の年齢から介護問題などを考える人もいることと思います。
そういった現実をもとにして、一度じっくり自分の理想の結婚を考えてみるのも、婚活する上で大切なことなのです。

 

30代の婚活の現実

理想を追うことはもちろん大切ですが、現実を見つめることも大切です。
年齢が上がるにつれて、実生活での出会いの幅は徐々に狭まってくるのは仕方ないことです。
ただし、婚活の世界での30代は出会いのチャンスに溢れています。
どこの婚活パーティー結婚相談所でも、30代を中心とした企画が多いことに気付くでしょう。
結婚を真剣に考えるならば、30代がまさにど真ん中の世代なのです。

 

ただし少し気を付けたいのは、同じ30代でも後半になるに従ってチャンスが少なくなっていくということです。
結婚を真剣に考え始めるのは、20代後半から30代前半からという人が多いのですが、やはり条件の良い人は婚活を始めるとすぐにお相手が見付かってしまうものなのです。
思い立ったらすぐに活動を始める方が、より良い出会いが見付かる可能性が広がりますよ。
特に女性は、30代後半から徐々に需要が減り始めてしまいます。
哀しいことですが現実でもあるのです。
「今日より若い明日はない」のです!

 

理想と現実との折り合いをつける

夢見ていた理想通りの結婚をする人などほんのわずかです。
なかなかそれに気付けず、高い理想にこだわり続ける人ほど結婚のチャンスを逃しているのです。
時には客観的に現実を見つめ、冷静に自分の結婚プランを考え直すことも必要かもしれません。
人によってはそれを「妥協」と考えるかもしれません。
しかし、結婚生活というものは、二人で作り上げていくものなのです。
理想の条件通りの人と結婚したとしても、理想の結婚生活が送れるとは限らないのです。
今出会った人と、共同で作り上げる理想を考えてもよいのではないでしょうか。