30代の婚活で成功する人・失敗する人の違いは?

30代は婚活の分かれ道!成功する人・失敗する人の違い

30代は結婚への大きな分かれ道ともいえる時期です。
ここで理想の人と巡り会えるか、はたまた延々とまだ見ぬ人を探し続けるかで、その後の人生が大きく変わってきてしまいます。
初婚の晩婚化が進んだといっても30代を過ぎて結婚できる人はほんの僅かなのです。
将来大切なパートーナーとの人生を築きたいと考えるのならば、30代が勝負時なのです!

 

では、30代の婚活ではどういった人が成功するのか、失敗するのはどんな人なのかを考えてみましょう。
婚活の勝利者になるために参考にして下さい。

 

30代の婚活で成功する人

・積極的に活動する
新しい出会いを求めてフットワーク軽く動ける人には、当然出会いの数も多くなってきます。
活動するのは婚活パーティーとか結婚相談所とか、直接婚活に関係のない場所でもいいのです。
今までの環境とは違った世界に飛び込んでみる、そんなことの積み重ねが新しい出会いを生むのです。
例えば趣味の習い事を始めるとか、違った趣味を持ってみるなど、気軽なことからチャレンジするのです。
結果的にこういったことが自分の世界を広げ、自分磨きをしながら出会いの場所を広げていくことになるのです。

 

もちろん婚活パーティーや結婚相談所などでは、飛躍的に効率が良くなることは確かです。
新しいことにためらわず進める人は、婚活でも成功していることが多いのです。

 

・理想とともに希望の条件をしっかりと持っている
結婚に対するビジョンをしっかりと持っている人ほど、自分に合う相手を見付けやすくなります。
この際に高い理想を持つことも大切ですが、細かな条件をいくつか持っていた方が良いです。
例えば「タバコを吸わない人」とか「読書好きな人」など小さなkとでもいいのです。
そしてその条件に優先順位を付けます。
これは絶対に譲れない、ここは譲歩できるとしておくと、初めての相手と会った時に自分なりの評価を出しやすくなるのです。

 

・すぐにあきらめない
週末の遊び相手を探す訳ではありませんので、多少の時間がかかるのは仕方ないことでしょう。
成功する人はあきらめずに婚活を続けることのできる人です。
「もう今月はいいや」などと思っていると、30代は驚くほどあっという間に過ぎていってしまいます。

 

30代の婚活で失敗する人

・自分の理想がブレる
本来、自分自身で決めるはずの結婚に対する理想自体がハッキリ分かっていない人がいます。
どんな結婚生活がしたいのか思い浮かべることができなければ、理想の相手など分かる訳がありません。
そのため興味を惹かれる異性と出会うたびに、この人かもと勘違いして失敗を繰り返すのです。

 

・自分に自信がない
自分のことを好きでない人に惹かれる異性はいません。
特に婚活の場では自信の無さが大きなマイナスポイントになってしまいます。
特に多いのが結婚相手の条件としてネガティヴな要素を持っている人です。
例えば収入が平均より低いとか、離婚歴があるといったようなことですね。
こういった人は、婚活の場でつい自分を卑下してしまうのです。
今のあなたを受け入れてくれる人を探しにきているのです。
堂々とそのままの自分で活動すれば良いのです。

 

・人付き合いが苦手
人とコミュニケーションを取るのが苦手は人は、婚活の場は少し辛いものですよね。
こういった人にはプロのアドバイザーのいるサービスがおすすめです。
中にはコミュニケーションの取り方をセミナーしてくれるようなところもあります。
ちょっとしたコツで、人とのコミュニケーションは格段と上手く取れるようになるのです。