婚活の適齢期っていくつくらい?

結婚適齢期について

昔は20代にもなれば結婚適齢期などといわれたものですが、現代では晩婚化が進み、30代で結婚する人が増えています。
不景気の流れから、30代程度にならないと経済的に落ち着かないということも影響しているかもしれませんね。
結婚する平均年令は女性が28〜29歳、男性が30歳〜35歳といわれています。

 

しかしそもそも結婚適齢期などというものは、個人によって大きく差が出るものなのです。
平均年令などは単に統計上のデータですので、それほど気にしてあせる必要はないでしょう。
仕事が落ち着くタイミング、子どもや家庭が欲しくなったタイミング、人それぞれ「この時!」と感じた時が結婚適齢期なのです。

 

婚活の適齢期はいくつくらい?

では、婚活をする時期についてはどうでしょう?
婚活については、男女とも年齢によって「需要が高まる時期」があります。
別にいつ婚活しようが問題ありませんが、この需要のある時期を外すと、出会いのチャンスが少なくなるということはいえるでしょう。

 

女性の場合、20代〜30代半ばくらいが需要のピークです。
これにはやはり、将来的に子どもを持ちたいという男性の希望が関係しているでしょう。
この年代の女性であれば、バリバリと婚活の場で活躍することが出来るでしょう。

 

男性の場合には20代後半〜30代が需要のピークとなります。
仕事的にも収入的にも安定し始めて丁度良い時期かもしれませんね。
ただし、男性の場合には収入が高ければ40代であっても充分な需要がありますね。

 

婚活の種類を選べば適齢期は様々!

ただし、上で述べた適齢期もあくまで平均的に見た時のお話です。
最近の婚活は非常に多種多様になってきています。
20代限定のものもあれば、30代限定のものもあります。
もちろん40代、50代の方をターゲットとしたものも登場しているのです。
そこで求められている年代が婚活適齢期なのです。

 

婚活するのに「早すぎる」とか「遅すぎる」ということはないのでしょう。
結婚したい人が結婚したい時期に婚活する。
そういう時代になっているのですね。

 

しかし、将来的に子どもを持ちたいと考えているのであれば、女性は逆算して活動しなければならないですね。
高齢出産も多くなってはいますが、30代であれば早いにこしたことはないでしょう。

 

ともかく、あまり深く考え過ぎないことも大切です。
婚活の場は新しい出会いの場です。
知らない人と出会うのは楽しいですよね。
純粋に出会いを楽しめるうちは、婚活を特に意識しなくても意義のある活動になりますよ!