30代の婚活でありがちなトラブル

30代の婚活でありがちなトラブル

婚活では見知らぬ男女がいきなり知り合うことになります。
時には何らかのトラブルに巻き込まれることもあるのです。
ここでは、婚活にありがちなトラブルの中でも、30代が特に気を付けておきたいことをご紹介します。
あらかじめ予防することでほとんどのトラブルは回避できます。
幸せな出会いの場が、不幸の始まりにならないように注意しましょう!

 

離婚歴があった

過去の離婚について気にしない人なら問題ないかもしれません。
それでも、もしかすると今も慰謝料や養育費などの支払いが続いていることもあるかもしれません。
付き合いが深くなるまではなかなか尋ねづらい事柄ではありますが、結婚を目的とした出会いですので確認しておいても失礼ではないでしょう。
離婚歴や子どもの有無を隠す人も少なくないのです。
「聞かれなかったら黙ってた」と言われないようにしましょう。

 

結婚する意志がなかった

婚活の場に来ていたのだから、当然結婚に対して前向きな人だと思いますよね。
しかし付き合いが深まった後から、結婚する気はないと判明するケースもあります。
悪質なケースならば結婚詐欺罪に問うこともできるかもしれませんが、「途中で気が変わった」などとされるとなかなか立証するのは難しいものです。
それでなくとも貴重な30代の時間を無駄にしてしまいます。
まずは結婚に対する意志確認や、将来のビジョンなどを話し合っていきましょう。

 

ストーカー被害に発展するケース

人間同士のお付き合いですので、交際の途中で上手くいかなくなることもあります。
その際に気持ちの残っている方がストーカー行為へとエスカレートしてしまうこともあります。
犯罪行為に発展することもあるので要注意ですね。

 

婚活疲れや婚活うつの発症

近頃過度な婚活によって、婚活疲れしてしまう人も増えています。
心に余裕がない状態で良い出会いなどできませんよね。
時には気持ちを休ませることも必要ですよ。
ひど場合には婚活が原因でうつ病になってしまうこともあるのです。
焦る気持ちは分かりますが、自分を大切に気持ちを忘れないで下さい。

 

婚活トラブルを回避するには?

実はこういったトラブルを回避するのはポイントさえ押さえれば簡単だったりします。
最も有効的なのは、信頼できる婚活の場を選ぶことです。
巷には婚活サイトや婚活パーティーといったものが山のように溢れています。
キチンとアドバイザー・スタッフが付く、アフターフォローがしっかりしている、参加者の身元確認が行われている、といったポイントで選ぶと、こういったトラブルに巻き込まれることもほとんどないのです。
お相手候補を選ぶように真剣な目で婚活場所も選ぶようにしましょう。

 

また、あなた自身もしっかりとすることももちろん大切です。
30代の大人なのですから、自分の希望や目的はしっかりと持ち、気持ちがブレないように気を付けましょう。