30代の婚活は男性の売手市場?

婚活の現場で男性不足現象が起こっている!?

以前は婚活というと、女性が足りなくて苦労していたイメージがありましたが、どうも最近は事情が違うようです。
パーティーの予約を取ると、女性の枠はすぐに埋まってしまうのに、男性がなかなか集まらなくて苦労することもあるそうです。
婚活する人数は確実に増えているのに、男女比に関しては男4:女6という割合のところが多いようです。

 

つまり男性は婚活の場では需要が高い!ということですね。
特に30代の男性はどこの世代からも人気のある年代です。
結婚を考えている30代男性は、今が婚活のチャンスかもしれませんよ!

 

婚活が男性の売手市場になっている原因

 

・独身主義者が増えた
若い男性の間で結婚に意義を見出せない人が増えていません。
現在自由に暮らしている生活を捨ててまで、結婚することのメリットが分からないという人たちです。
恋愛に興味がない人ばかりでなく、好きな人と一緒に暮らしているけれど、結婚という制度には魅力を感じないという人も増えていますね。
人の価値観は時代とともに変わっていきますので、致し方無いことかもしれません。

 

・単純に忙しい
仕事で忙しい毎日を送っている人にとって、平日は真っ直ぐ家に帰りたい、休日は家でゆっくり休みたいという人が多いようです。
積極的に婚活の場に出向く気が起きないという人もいるのです。
その代わり、ネットでの婚活のように、自宅で参加できるものには積極的な人も多いようですね。

 

・年収面で不安がある
結婚も考えたいけれど、自分の収入では家族を養う自信がないという人も多いようです。
確かに女性の求める年収の条件と、一般的なサラリーマンの平均年収とでは隔たりがあるのも事実です。
この辺りは女性も反省すべき点かもしれませんね。
ただし、年収が低くても家庭を持って子どもを養うことは可能です。
お金の有る無しと幸福度とは必ずしも比例する訳ではないのです。

 

・草食系男子が増えた?
女性にがっつかない、恋愛にあまり興味が無いという男性が増えているといわれていますね。
いわゆる草食系男子と呼ばれる人たちです。
こういった人たちが婚活の場に現れることは無いのでしょうが、こういった傾向を持つ若い男性は少なくなさそうですね。

 

婚活市場では女性は積極的に行くべきか?

男性が足りないのであれば、婚活の場では女性は積極的にガンガンいかなければならないのでしょうか?
いやいや、逆に婚活をしている男性は貴重な積極派男子が多いのです。
そこはあまり意識しすぎずに、ありのままの自分で対応するのが良いでしょう。
実生活では考えられない強力なアプローチを受けることも少なくないですよ。